« ■10/7、11、20、26 | トップページ | ■11/22 »

次回リーダーライブは10/7(土)

X(Twitter)でも随時情報更新しています。


次回加藤秀グループライブは10/7(土)。
今回は、少し編成を変えてピアノ&メロディオン、ベース、
そして「らぞく」のドラマーで、「Sinsuke Fujieda Group」で共演させていただいている
大角兼作さんのドラムスというトリオになります。
いつもと少し違ったサウンドをお楽しみいただければ。
Skg20230827_1

■10/7(土)
池袋 ”Flat Five

<リーダーライブ>

『加藤秀 グループ』
加藤 秀 (Bass)
飯尾 登志 (Piano, Melodion)
大角兼作 (drums)

オープン:19:00
スタート:20:00
チャージ:¥1,500 + オーダー

見上げるマスター・・・。
Img_0583


〈メンバープロフィール〉
加藤 秀 (Bass)
http://kasshiruba.cocolog-nifty.com
横浜生まれ。ベーシスト、コンポーザー。
幼少よりピアノ、エレクトーンを始める。
高校時ジャズに傾倒し、20歳で渡米。
バークリー音楽院入学後、ベースギターに転向。
多数セッション経験を積むとともに、10代から始めていた作曲にも磨きをかける。
在学中、そして卒業後はボストンを中心に演奏。
現在は東京を中心に”Echostics”、“Sinsuke Fujieda Group”、リーダーバンド“加藤秀グループ”他、様々な演奏活動を展開。
森山修(Guitar)、清野拓巳(Guitar)、佐藤達哉(Sax)、藤井信雄(Drums)、藤井学(Drums)、加藤崇之(Guitar)、宅“Shoomy”朱美(Piano, Voice)、坂ノ下典正(Guitar)等との共演、親交を経て、より自らの内なる音への探求心を強くした。そして今なお、作曲と演奏という”音探し”に励んでいる。
一般的にイメージされるフレットレスベースとは一線を画す、まさにウッドベースとエレキベースを絶妙にブレンドさせた独特なベースサウンド、そしてジャズ、ポップス、クラシック等、様々な要素が絡み合うオリジナル・コンポジションには定評があり、”加藤秀グループ”を中心にそれらの音を現出、模索し続けている。

飯尾 登志 (Piano, Melodion)
https://twitter.com/toshitoro
茨城県水戸市生まれ。
幼少よりクラシックピアノに親しむ。
東京圏内を中心にセッションライブ等演奏活動の他、ホテル・レストラン・結婚式場・船などでも時々演奏。
現在ジャズ・ポップス系を中心に、
ライブ・レコーディング・作曲など精力的に活動中。
「参加CD」
*つのだ☆ひろ「NIPPONのうた」2曲目「君といる今日」参加。
*松村拓海(FL)1st アルバム「Duologue」 ビルボード ムラマツフルート ディスクユニオン他。
*「sound of kula 2」Lastrum(OMI)
蝦子健太郎(b)"ライブラリ" 「Dream Story」 「Light 」他。

大角 兼作 (Drums)
ロックバンド「らぞく」のドラマーとして27年活動。Fuji Rock Festival等の野外イベントに多数出演。
ジャズドラマー野中悟空氏の主催によるドラマーガチンコバトル、D-1選手権大会の第2回準優勝。
その他、ドラム以外にもアコースティックLIVE等ではカホン、パンディロ、カヤンバ等も演奏。
介護福祉士、介護支援専門員資格保持し、自身の母校である介護資格学校の湘南国際アカデミーのラジオCM音楽制作を担当。
これまでにトビー洲崎氏、安藤信二氏、波多野 哲也氏、山背弘氏に師事。
2021年4月に初の自作曲『起死回生』をサブスクリプションのみで配信リリース。
https://youtu.be/vbm-E5TvS6w?si=6TaDYNf8_zvfp_Cg

|

« ■10/7、11、20、26 | トップページ | ■11/22 »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

ライブスケジュール」カテゴリの記事

リーダーバンド」カテゴリの記事